Python プログラミング __name__ってなに?

 今日も見に来てくださって、ありがとうございます。石川さんです。

 お友だちから、__name__のことがよく分からない、と、質問をいただいたので、実際にどうなっているのか、実行結果を確認しつつ、説明したいと思います。

はじめに

 まず初めに、dir()という組み込み関数がありまして、コマンドインタプリターで実行すると、現在のローカルスコープにある名前のリストを返してくれます。

In [1]: print(dir())
['In', 'Out', '_', '__', '___', '__builtin__', '__builtins__', '__doc__', '__loader__', '__name__', '__package__', '__spec__', '_dh', '_i', '_i1', '_ih', '_ii', '_iii', '_oh', 'exit', 'get_ipython', 'quit']

 出力結果の1行目の右端にありますね。こんな感じで、「__name__」という名前がPythonインタープリタの中に事前定義されています。さて、こちらがなにか、ちょっと調べてみます。組み込み関数のtype()を使うとオブジェクトの型を返してくれます。まずはtype()で型を調べます。

In [2]: type(__name__)
Out[2]: str

 なるほど、ここで、「__name__」が文字列の変数であることがわかりました。中身を見てみましょう。

In [3]: print(__name__)
__main__

 変数「__name__」の中身は「”__main__”」ということがわかりました。

ファイルをつくって確認します

 コマンドインタープリタで確認してみると、セットされた値は「__main__」でした。この値は、「__main__」以外に設定されることはあるのでしょうか?利用されている箇所で知っているのはファイルの中でした。と、いうことで、以下のように「mynameis.py」ファイルを作ってみました。

"""" __name__ にどんな値がセットされているか、確認します。 """

print("My name is " + __name__)

 単純に、値をprint()するだけの記述を含むファイルです。
さて、実行してみます。

In [4]: %run mynameis.py
My name is __main__

 フツーに実行すると、やはり「__main__」がセットされています。ちなみに%runはIPythonのマジックコマンドで、指定されたファイルを直接実行します。コマンドプロンプトだと、「python mynameis.py」と実行するのと同じ意味になります。
さて、次にこの「mnameis.py」ファイルがモジュールだということにして、importしてみます。

In [5]: import mynameis
My name is mynameis

 importすると、mynameis.pyの内容が読み込まれ、すべて上から順番に実行されます。ただし、「__name__」には、このようにモジュール名がセットされることになっています。モジュールをつくるときは、この違いを利用して、

if __name__ == "__main__":

というふうにモジュール内にif文を記載することで、importから実行されたときと、%runなどで直接実行されたときのふるまいを変更することができます。

まとめ

 モジュールを作るとき、importで呼び出して利用するだけでなく、直接実行することができるようにするために、「__name__」を利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。