Google Cloud Platform 入門編トレーニングに参加してまいりました!

 先日、行ってまいります、と言っていたGoogle Cloud Platform入門編トレーニングに行ってまいりました。ただ、トレーニングとは言っていましたが、実際の練習はありませんでした。ま、時間の都合だったようです。トレーニングするのだからと、そんなに大人数がいることは想定していなかったのですけど、すごい人でした!
 休憩中に一番後ろから写真撮ってみました。休憩中なので空席が見えますが、これがほぼ満席状態でした!

Google Cloud Platform 入門編トレーニング会場 休憩中の様子
2019年2月20日 Google Cloud Platform 入門編トレーニング

 書店に置いてあったGoogle Cloud Platform関連書籍の数から、まだそんなに認知されていないと思っていたのですけど、これはスゴイですね。圧倒されました。

 さて、肝心のセミナー内容ですが、概要がバッチリ理解できました。概ね書籍に書いてあったことではあったのですけど、実際にデモンストレーションを見せてもらい、事例紹介してもらうことで、より理解が深まりました。
 もともとのGCPのコンセプトは、Googleのソフトウエアエンジニアが使っている開発環境を一般のデベロッパーにもパブリッククラウドとして利用できるように、というものだそうです。とにかく何十億人ものユーザーが利用できるサービスを提供しているので、自動的にスケールする、ということがとても魅力的ですね。ちなみに冒頭のあいさつにあった、残念ながらトイレはスケールしないのでお早めに、というGCPジョーク、会場は静まり返っておりましたが、ぼくはこっそりニヤリとしていましたよ。
 それで前々からそうじゃないかと思っていたけど今回明らかになったことは、GCPを利用すれば何もしなくても何でもかんでも自動的にスケールしてくれるんじゃないかという期待は、半分くらいはあっていたのだけれど、このページを提供しているCompute Engineでは勝手にはスケールしないということですね。必要ならLoad BalancingとKubertenes Engineを組み合わせればいいということでしたが、このページがバズって見れなくなることはきっとないでしょうから、ま、この構成で充分ですね。

 ぼくにとって今回の説明で特に印象的だったのは、BigQueryの説明で、これはデータウエアハウスのサービスなのですけど、実際にサンプルデータを使ってSQLを実行する画面を見せてもらいました。こういう環境があるなら、データをとにかく放り込んで、あとから分析する、ということも簡単にできそうだな、と思いました。あと、時間の都合で説明は割愛されたのですけど、DataflowというETLツールのようなものがあり、それを使うと入力データを分析しやすい形に変えることができる。そして、Data Portalというのを使ってデータの可視化ができそうだ、ということがわかったので、これらの組み合わせで現状のデータウェアハウスの代わりとして利用できそうだ、ということが分かりました。そこが特に今回の大きな収穫でした。
 Googleさん、そして、今回のスポンサー企業だった、トレノケートさん、NECマネジメントパートナーさん、トップゲートさん、クラウドエースさん、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。